クラブ紹介

 

愛知日進少年サッカークラブは、1981(昭和56)年に発足した非営利のクラブチームです。

活動は、土曜・日曜を中心に日進市内の小学校グラウンドで行ない、公認指導者ライセンス有資格者のスタッフが指導にあたっています。

主な戦績に、「第9回全日本少年サッカー大会」(愛知県代表)、「スポーツオーソリティーカップ2010」(東海代表)といった
全国大会への出場があります。

また、名古屋グランパスJr ユースやユースで活躍する選手も輩出しています。

チーム方針

チームフィロソフィー

サッカーを楽しむをモットーに…『やって楽しい、観て楽しい』を合言葉に関わる人、全ての人がサッカーを通じて楽しる活動を目指します。

【活動方針】

『止める・蹴る・運ぶ・判断』をチームテーマとし、徹底的にトレーニングの中でこだわりジュニア年代で必要なスキルを身に付ける。

【目的】

  • キッズ  ・・・ サッカーを通してスポーツの楽しさと、友達と協力することの大切さを学ぶ。
  • ジュニア ・・・ サッカーを通して健全な身体および精神の育成とサッカーの技術の向上を図る。

【指導方針】

  • キッズ(園児)
    遊びの中から運動(サッカー)をする楽しさとボールフィーリングを学ぶ。
  • 低学年U7/U8
    低学年では基礎技術習得を目的とし、ドリブル主体にチャレンジさせながら、先ずゴールへ向か気持ちを促していく。
  • 中学年U9/U10
    この年代では、ドリブルと味方を上手く使う判断を徐々に養い、相手とのかけ引きを積極的にチャレンジさせながら、「止める・蹴る・運ぶ」の個の技術を向上させます。
  • 高学年U11/U12
    「止める・蹴る・運ぶ」の技術の質にこだわり個の技術を更に向上させながら次のカテゴリーを意識して、チーム(組織)としての戦い方を学んでもらい。どこのチームへ行ってもサッカー人として自己主張出来る選手に育てる。